土木施工管理技士(取得後も有効期限が切れる前に更新手続きが必要になる資格です)とは、道路や河川、橋梁なんかの土木工事において、現場における工程・安全管理など、工事施工に必要である技術上の管理などを主任技術者、および、監理技術者として施工計画を作成し、行う技術者。もしくは、技術者を認定する国家資格(業務独占資格や名称独占資格のように、取得することで業務を行うことができたり、名乗ることが許されたりする国家資格もあるため、取得しても役立たないということはあまりないでしょう)のこと。施工管理技士国家資格のうちの一つです。土木施工管理技士(取得後も有効期限が切れる前に更新手続きが必要になる資格です)は、土木工事現場では監理技術者・主任技術者として欠かすことができません。多くの作業員が働いている土木工事現場は、常に危険と隣り合わせ。そんな中にあって、土木施工管理技士(財団法人全国建設研修センターが年一回試験を実施しています)は、作業が安全かつ円滑に進むよう、細心の注意(してくれる人がいるうちが花だといえるでしょう)を払いながら、様々な業者を統括し、無駄なく作業を進めていくために管理する事がお仕事です。土木施工管理技士(財団法人全国建設研修センターが年一回試験を実施しています)の資格としては、2級と1級があり、2級は作業工程ごとの責任(何か問題が起こったら、所在をはっきりさせないと、再発する可能性が高くなります)者である主任技術者、1級は現場の最高責任(地位が高くなると、その分、大きく重く圧し掛かってくることも多いでしょう)者として、すごく重要な役割をもっています。土木施工管理技士(財団法人全国建設研修センターが年一回試験を実施しています)の仕事先は、土木・建設系企業(出資しているのがどこか、誰が経営しているのかによって、色々な種類に区分されています)企業(資本金が10億円以上だと大、1億円以上10億円未満で中堅、1千万円以上1億円未満で中小、1千万円未満で零細と分類されることもあります)全般。資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)を持っている方が不足しているため、求人件数が多く、就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)や転職では非常に有利です。特に最近は、施工現場の安全面や品質面、工程面が重要視されるようになってきているので、1級取得者で実務経験している方は優遇されているのです。土木施工管理技士の収入は、年齢によって異なるみたいですが、30代前半で400万円くらいです。一般のサラリーマンとそれほど違いないのですが、仕事の拘束時間は長いなのですー